破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

閲覧有難うございます。

このブログは、私の思った事が適当に書かれているだけのブログです。
自称ダブル勢なので、シングルやローテについてはかなり疎いです。
気が向いた時にダブルフリーやトリプルフリー、ランクバトルに潜って遊んでます。

 

なにかあればtwitterまでお気軽にどうぞ。
アカウント:@eins_xd

【ポケモンORASトリプル】エクストリームイッシュ

 ・やりたかったこと

BW11周年はイッシュ統一を組まないと失礼なのでは?

・着想

トリプルバトルにおいて強い構築は色々ありますが、
その中でも「エルテラ」「ホロウビアル」と呼ばれる構築は非常に有名です。
エルテラはエルフーンテラキオンの組み合わせによる、
袋叩き+正義の心により高め上げた攻撃力から放つ岩雪崩で相手を殲滅する構築、
ホロウビアルはケンホロウワルビアルの組み合わせによる、
確定急所辻斬りで怒りの壺を起動し高め上げた攻撃力から放つ地震で相手を殲滅する構築です。

これらはそれぞれイッシュ地方ポケモン達で成立させられる構築です。

組み合わせたら強いのでは!?

f:id:einsxd:20210917232735j:plain

・個体紹介

f:id:einsxd:20210917234134p:plain

テラキオン

持ち物:ラムの実
性格:陽気
特性:正義の心
種族値:91-129-90-72-90-108(合計580)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:167-181-110-x↓-110-176↑
技構成:岩雪崩/インファイト/地震/守る

エルテラのテラの方。
正義の心が発動するとシンプルに強いです。
超火力で相手を蹴散らしながら、
仮に耐えた相手にも怯みの可能性を付与する姿はまさに怪物。

ただし体感では相手に対策されるせいで、
そこまで活躍しないことも多い気はしますが。

f:id:einsxd:20200417012324p:plain

エルフーン

持ち物:バコウの実(弱点の飛行技ダメージを半減)
性格:臆病
特性:いたずらごころ
種族値:60-67-85-77-75-116(合計480)
努力値:HP252 防御4 素早252
ステータス:167-64↓-106-97-95-184↑
技構成:ムーンフォース/袋叩き/追い風/守る
備考:攻撃個体値0

エルテラのエルの方。
普通に袋叩き担当。
置物化するのが嫌だったので最低限の攻撃性能を確保できるように
ムーンフォースを搭載しました。
バコウの実を持つことで攻撃特化鉢巻アローのブレイブバードを確定で耐えます。
半減実って優秀ですね。

 

f:id:einsxd:20210917234855p:plain

ワルビアル

持ち物:柔らかい砂
性格:陽気
特性:怒りの壺
種族値:95-117-80-65-70-92(合計519)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:171-169-100-x↓-90-158↑
技構成:地震/はたき落とす/岩雪崩/守る

ホロウビアルのビアルの方。
実はメインウェポンは威力の都合でテラキオンよりも強力。
基本的にテラキオンが倒れた後で登場し、
エルテラに対策のリソースを使い果たしたであろう相手を仕留める仕事。

割とテラキオンよりも活躍することが多い…気がします。 

 

f:id:einsxd:20210917234844p:plain
ケンホロウ

持ち物:するどいツメ or ピントレンズ
性格:臆病
特性:強運
種族値:80-115-80-65-55-93(合計488)
努力値:HP252 防御4 素早252
ステータス:187-108↓-101-x-75-159↑
技構成:辻斬り/催眠術/追い風/見切り
備考:攻撃個体値0

ホロウビアルのホロウの方。
味方のワルビアルの急所を引くことが主な仕事です。
追い風による素早さ操作も出来るので最低限の仕事はこなせます。
本当に何もやることが思いつかない時には、
催眠術で運ゲーを仕掛けられるのが優秀。

 

f:id:einsxd:20210918000235p:plain

コジョンド

持ち物:気合いのタスキ
性格:陽気
特性:精神力
種族値:65-125-60-95-60-105(合計510)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:141-177-80-x↓-80-172↑
技構成:飛び膝蹴り/フェイント/猫騙し/ワイドガード

エルテラ展開の補助要員。
猫騙しによる相手の行動封じ、
ワイドガード破りのフェイント、
相手のニンフィア対策のワイドガードとかなり多芸。
雑に活躍するポケモンです。

 

f:id:einsxd:20210918000336p:plain

ランクルス

持ち物:オボンの実
性格:冷静
特性:防塵
種族値:110-65-75-125-85-30(合計490)
努力値:HP252 特攻252 特防4
ステータス:217-x-95-194↑-106-31↓
技構成:サイコショック/横取り/トリックルーム/守る
備考:素早さ個体値0

トリックルーム系構築へのトリックルーム返し要員。
同時に横取りも使えるためワイドガード対策も兼任。
基本的に対策をメインの役割にしているため活躍することは多くはないが、
ピンポイントで活躍することはある印象です。

・基本的な立ち回り

先発にコジョンドテラキオンエルフーン
控えをケンホロウワルビアルランクルスとします。
これが基本選出です。
有名な叩きパはプレイヤー側から見て左側にエルフーンを出すことが多いので、
初手選出方向じゃんけんで負けにくい様に意図的にこの順序にします。

後は適当にやります。
正直何も考えてなくても勝てる時には勝てるので、
私が運用している時には何も考えていませんでした。

・使用感

やりたいことを2個も詰め込んだ超高カロリーな構築。
全体技を主軸にしているせいでワイドガードに対しては非常に弱いです。

それでも通れば勝ちの戦術を2個も搭載しているため、
エルテラを突破されてもホロウビアルで制圧出来るという
バックアッププランの存在は非常に大きかったです。

・まとめ

通れば勝ちのギミックを2個も詰め込んだ、とても豪華な構築。
とても頭が悪そうな感じに仕上がりましたが、
エルテラ・ホロウビアル、共にかなり優秀な戦術であり、
混ぜても意外と強かったので個人的には満足しました。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

・参考動画

ニコニコ版:

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39349824

ようつべ版:

https://youtu.be/V7FW_bJOWtU

【RTA用解説】ワギャンパラダイスany%RTAにおける「さんすうクイズ」の簡易攻略法について

・はじめに

ワギャンパラダイスではボス戦は8種のミニゲームで行います。
画面内から指定された数字を探す「さんすうクイズ」
画面中央と上手く組み合うピースを探す「がったいパズル」
指定された絵柄のパネルを探す「パネルサーチ」
中央で回転している絵柄はなにか答える「かいてんクイズ」
画面中央と全く同じ柄を探す「おなじえどのえ」
回転するパネルの下に書かれたデジタル数字を答える「くるくるパネル」
文字を並び替えて正しい言葉を作る「ことばパズル」
奏でられた音のパターンを覚え、答える「ドレミサーチ」
上記の8種類です。

この中でも記事執筆時点では「さんすうクイズ」に限り、
ある程度安定した攻略法が存在します。
この記事ではその攻略法についてを紹介します。

続きを読む

【雑記】RTA in Japan Summer 2021に出場しましたというおはなし

f:id:einsxd:20210820002700p:plain

・はじめに

この記事が過去のRTA in Japan視聴者及び
RTA in Japan Summer 2021視聴者がこの記事執筆時点から見た未来のRTA in Japan走者の役に立ちますように。
…という高尚な前置きだけ書いておきます。
要は参加レポっぽい何かです。
参加レポと呼べうる代物になってるかは知りません。

RTA in Japan
それはRTAイベントの中でも日本国内で行われるものとしては最大規模のイベント。
この記事ではこれ以降RTA in JapanのことをRiJと表記します。
2021年8月に行われた「RTA in Japan Summer 2021」(以下、RiJS2021と表記します)は、
8月11日から15日までの計5日間。
ボーナス枠を4つ含む計70以上のゲームのRTA(一部作品はスコアアタック・スーパープレイ等)を100時間以上も配信という凄まじい規模でのイベントとなりました。
次回RiJ2021では計6日間の開催となり、作品数は(それぞれの予定タイムにもよるので一概には言えませんが)今回よりも多くなる事が期待されます。楽しみですね。

さて、このRiJS2021にてボーナス枠の1つ、「ワギャンパラダイス」で私が実際に出走となるまでの軌跡を書き示しました。
もしかしたらこの記事が未来の出走者の参考になるかも知れないと思って雑に書き残すこととしています。

・経歴

そもそも私が過去にRTAとかは何をやってたのか。
この辺りから順序立てて説明したいと思います。

私がRTAという文化に触れたのはRTA in Japan 2019辺り。
この頃は自分がRTAを行うという事は一切考えていませんでした。
「うわー、この人すげーなー」とかそんな感じで眺める1人の視聴者に過ぎませんでした。

私がRTAを始める大きな要因になったのは2020年の事。
2月に美少女さんに「カービィボウル3keyのRTAやりたいけどSwitch用録画機材がない、貸してくれ」と言われたのがすべての始まりです。
この時の私はポケモン対戦の動画をニコニコ動画の方に投稿していました。
この時点でのポケモン動画の主流は3DSの作品である「ウルトラサン・ウルトラムーン」でしたが、
一応最新作はSwitchの作品である「Let's Go!ピカチュウイーブイ」でした。
次に発売される作品はSwitchの作品であるだろうと考えて将来の事も考慮し、
Switchでの録画も出来るようにキャプチャーボードやそれに耐え得るPCは所持していたので、
美少女さんに条件付きで貸し出す事としました。
この収録の日に美少女さんから「お前もRTAやろうぜ」と言われたのが彼から最初にRTAに誘われた時となります。

ここから元々レースゲームを触っていた時期があること、
先駆者がいないなら僕がどうやっても世界記録になれる事、
という下心マシマシな理由から「チョロQ!」(GC)を走りました。
これが私の人生初のRTAとなります。
時期としては2020年5月下旬頃。
ここからRTA走者としての道が始まりました。

美少女さんの誘いを受け、
2020年7月に「チョロQ!」でGunma RTA Onlineに参加。
これが最初のRTAイベントでした。
美少女さんには解説など色々な面でお世話になりました、ありがとうございます。

先述の美少女さんはRTA in Japan Online 2020にて「カービィボウル 3keys Normal Courses」で
大きな話題となりました。
この後学会の研究が再燃する事になりますが、これはまた別のお話。
この時彼の姿を見て、自分もあの舞台に出たいと憧れを持つようになりました。

憧れてしまったからには、行動しなければならない。
桃鉄走者の方も似たような事を言ってましたが、大事ですね。

続きを読む

【ポケモンXD】バトル山100人抜き高速周回について

・はじめに

2021年8月4日。
ポケモンXD16周年、おめでとうございます。
稚拙な記事ですが、この記事を筆者なりの16周年の祝いとして記述致します。

現在、ポケモン剣盾(執筆時点Ver1.3.2)においては二つ名システムが存在します。
このシステムは繰り出したときのニックネームや種族名の前に、
リボンや証に応じた二つ名が表記されるというものになります。
この中でも「ポケモンコロシアム」「ポケモンXD」限定のリボンとして、
「ナショナルリボン」と「アースリボン」が存在します。
前者はポケモンコロシアムポケモンXDの作中にてスナッチしたダークポケモンを、
リライブした時に手に入るリボンとなっています。
そして後者はポケモンコロシアム及びポケモンXDの施設であるバトル山を、
最初から最後まで100人の戦闘を休憩ポイントでの手持ち変更を一切行わず、
最後までクリアすることが入手条件となります。
二つ名は「100にんぬきの」であり、
第三世代に存在するポケモンであれば全ポケモンに付与できます。
この記事では最も挑戦難易度が低いXD版の高速周回に関して記述します。
筆者自身が何度か挑戦した範囲では理想編成さえ組めば
2時間半あればクリアできます。

恐らくこのRTAを真似る人はいないと思いますが、
もしそんな人がいる場合には参考になれば幸いです。
なおRTAにおいてはタイマースタートは突入直前のメッセージを送った瞬間、
タイマーストップは100戦目のバトラス戦後の暗転で完全に画面が真っ黒になった瞬間です。
この記事執筆時点での筆者の記録は2時間14分42秒です。

・XDバトル山100人抜きのルール

1.すべての戦闘はダブルバトルである。
2.相手のポケモンは特性も含め全て固定。但し順番は毎回変動する事がある。
3.相手のポケモンの行動はAIにより決定されるが、一部固定パターンが存在する敵がいる。
4.途中セーブ・電源OFFを行っても100人抜き失敗としては判定されず、挑戦を継続できる。
5.伝説のポケモン(準伝説・禁止級伝説の両方)を採用した場合、1体ごとに15%報酬のポケクーポンが減少する。

続きを読む

【雑記】プレシャスボール個体のあれこれ・禁止級伝説編

・はじめに

この記事は酔狂なコレクター向けです。
普通のポケモントレーナーにはそんなに役に立たない記事だと思ってください。

 

f:id:einsxd:20210704150407j:plain

 

プレシャスボール。
公式によるイベントでしか

続きを読む

【ポケモンORASトリプル】ギミックイレイザー4 破壊の化蠍

・あらすじ

降臨した 無敵の化蠍
攻撃を止める ふしぎなまもり

*元ネタ:BW2ポケウッド「ゴーストイレイザー4」

f:id:einsxd:20210801231951j:plain

↑筆者(画力無振り)の描いたドラピオンのつもりのなにか

・着想

ランダムマッチフリーモード(通称ランフリ)では、
過去作個体の使用が可能となっています。
つまり、過去作個体が必須といえる戦術を使う事ができます。
過去作必須の戦術と言われると真っ先に思いついたものがこれでした。

続きを読む