破片影

ポケモントリプル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。特殊戦術等について考察してます。

【ポケモンORASトリプル】ツタージャチャートライバル反省会・ベルなりきりやめたげてよおトリパ

・やりたかったこと

ライバルって手持ちのポケモンのタイプが結構バラけてるし強いんじゃないか?

・着想

なんか色々あってゲーチスをよく使っていたので、
ゲーチスと同じ作品に登場するライバルの手持ちを使ってみた。

luzilla.hatenadiary.jp

↑よく使うゲーチス。なんでゲーチスをよく使ってるんだよ…。

 

ベルのイラストはポケモンカード公式サイトから。
かわいいね。
日本語版のポケモンカード公式サイトだとBW期のSRイラストは眺められないので、
海外版公式も知っていると少し幸せになれるかも知れません。

↑ドイツ語版公式のBW期ベル。かわいいね。

・個体紹介

ダイケンキ

持ち物:突撃チョッキ
性格:冷静
特性:激流
種族値:95-100-85-108-70-70(合計528)
努力値:HP228 特攻252 特防28
ステータス:199-120-105-176↑-94-67↓
技構成:ハイドロポンプ/冷凍ビーム/エアスラッシュ/アクアジェット
備考:素早さ個体値0

カノコタウンで貰った最初のポケモンです。
主人公に対して不利となるポケモンを選ぶのがベルの特徴です。
恐らく本編シリーズでは不利御三家を使う初のライバルのはず。
チョッキのお陰で微妙に耐久があるのが強めです。
水タイプなお陰で通りは良いものの、
火力そのものはそんなに強いわけではありません。
行動回数をいかに稼ぐかが鍵になります。

バオッキー

持ち物:黒い鉄球
性格:冷静
特性:猛火
種族値:75-98-63-98-63-101(合計498)
努力値:HP196 防御60 特攻252
ステータス:175-x-91-165↑-83-95↓(47相当)
技構成:熱風/火炎放射/めざめるパワー氷/守る
備考:素早さ個体値0

とても人気のある大人気ポケモン
あまりの人気の高さ故に配信されたこともあります。
ちょっと素早さが高すぎるので、
今回は鉄球を持たせての採用です。
鉄球込みで47相当なので、
トリックルーム下であればメガクチートに先制できます。
焼きましょう。

バオッキーのめざパ氷の火力は無振り霊獣ランドが乱数で倒せるくらいです。
期待しないでおきましょう。

ムーランド

持ち物:ゴツゴツメット
性格:勇敢
特性:威嚇
種族値:85-110-90-45-90-80(合計500)
努力値:HP228 攻撃252 特防28
ステータス:189-178↑-110-x-114-76↓
技構成:恩返し/噛み砕く/じゃれつく/守る
備考:素早さ個体値0

最初の草むらで手に入るポケモン
その割にステータスが高く、非常に優秀なポケモンです。
耐久はそれなりに高いですが、
火力はそこまで高くはないので行動回数を稼ぐことが重要になります。
ゴツゴツメットはそこまで機能しなかったので、
オボンなどの耐久補助アイテムや
シルクのスカーフなどの火力強化アイテムでも良いかも知れません。

ムシャーナ

持ち物:ラムのみ
性格:冷静
特性:シンクロ
種族値:116-55-85-107-95-29(合計487)
努力値:HP252 特攻252 特防4
ステータス:223-x-105-174↑-116-30↓
技構成:サイコショック/マジックコート/トリックルーム/守る
備考:素早さ個体値0

トリックルーム要員その1。
遅めで火力があるけど耐久が下がったクレセリアのようなポケモンです。
モロバレルより遅く、かつ火力がそこそこあるという点は優秀です。
サイコショックを撃ってるだけでもそれなりに削りとして貢献するので、
殴れるサポーターとして便利でした。

シャンデラ

持ち物:きあいのタスキ
性格:冷静
特性:貰い火
種族値:60-55-90-145-90-80(合計520)
努力値:HP252 特攻252 特防4 
ステータス:167-x-110-216↑-111-76↓
技構成:熱風/シャドーボール/トリックルーム/守る
備考:素早さ個体値0

トリックルーム要員その2。
トリックルームで味方が先制出来る条件を作り出した後は
熱風を連射するだけの簡単なお仕事です。
普通に殴っても火力がかなり高いので、
この構築の中ではかなり扱いやすいポケモンです。

コジョンド

持ち物:命の珠
性格:陽気
特性:精神力
種族値:65-125-60-95-60-105(合計510)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:141-177-80-x↓-80-172↑
技構成:飛び膝蹴り/叩き落とす/フェイント/猫騙

耐久がないものの、すぐに退場できる猫騙し要員です。
スカーフドーブルであったとしても猫騙しを通すことは出来るので、
ある程度ダクホ対策は緩めに出来るという利点が産み出されています。
インファイトがないので格闘技はけたぐりか飛び膝蹴りになります。不便ですね。

・使用感

勝率は大体3割前後。
メガシンカなしのトレーナーなりきりとしては充分健闘したのではないでしょうか。

正直アタッカーがそこまで火力がないので、
リザYが出てきた時点で詰み状態一歩手前です。
特殊アタッカーが多いのでニンフィアもかなりつらめです。
イッシュに存在しないポケモンなので対策切ってても仕方ないね。
全体的に数値で押し切られてしまう事が多い構築でしたが、
これが「誰もが最強になれるわけではない」という真実を受け入れた
ベルの実力ということなのかも知れません。

使い勝手としてはトリックルームさえ発動できれば、
ムシャーナシャンデラがそれなりに削ってくれます。
バオッキーの鉄球も微妙に活躍した場面が多かったように感じます。

・まとめ

やめたげてよお!

流石にメガシンカがない上で攻撃性能がやや控えめなポケモンが多いと、
相手の撃破に苦労するので少々厳しいように感じました。
ただ火力面以外で大きな不満を感じることは特になく、
メガシンカの有無そのものは特に枷と感じる事はありませんでした。
等倍相手を大きく削れる火力の持ち主が構築に必要だとは思いますが。
そういう観点だとメガシンカは便利な枠ではあるのですけどね。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。