破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【剣盾ダブル】林檎とキョダイテンドウ追い風(ガラルルーキーズ)

・やりたかったこと

Gの力を重力下で撃てば強い!

 

・着想

とあるDiscordのサーバー(後述)にて、「追い風アップリュー楽しそう」という発言を聞いたのが原因でした。
アップリューと言えば特性のひとつが「張り切り」、
そして「Gのちから」という重力状態時に強化される専用技を覚えます。
どう考えても重力状態時に使ってください、と言わんばかりの性能ですね。
ただし素早さが低いので追い風などでの補強が必要です。
耐久もかなり低い以上、1回受けきってから反撃で倒すという戦い方は非現実的ですからね。

丁度いい具合に公式大会が開かれるので、追い風重力をベースに構築を組んでみることにしました。

 

・特殊ルール

今回の大会「ガラルルーキーズ」では制限ルールが課されています。
ガラル地方で新たに発見されたポケモン、というものが定義となっています。
全国図鑑No.810以降のポケモンもしくは「ガラルのすがた」を持つポケモン限定ですね。
また、キョダイマックスの使用に関しては上記条件に該当していれば制限はなく、
伝説のポケモンに該当するザシアン、ザマゼンタ、ムゲンダイナの使用は禁止です。

 

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200101231849p:plain

イエッサン♀

持ち物:脱出ボタン
性格:図太い
特性:サイコメイカ
種族値:70-55-65-95-105-85(合計475)
努力値:HP236 防御252 特防20
ステータス:175-x↓-128↑-115-128-105
技構成:サイコキネシス/この指とまれ/癒やしの波動/守る

デスバーン構築(http://luzilla.hatenadiary.jp/entry/2020/01/01/233000)で使ったものと同じ個体です。
単純にこの指止まれの使い手が他にいなかったので採用しました。
モスノウの追い風の成功率を少しでも高めることが重要な役割です。

 

f:id:einsxd:20200128004241p:plain

イオルブ(キョダイマックス個体)

持ち物:命の珠
性格:臆病
特性:お見通し
種族値:60-45-110-80-120-90
努力値:防御4 特攻252 素早252
ステータス:135-x↓-131-132-140-156↑
技構成:サイコキネシス/虫のさざめき/シャドーボール/守る
備考:サイコキネシスはキョダイテンドウ(発動時重力効果発生)に変化

 

今回の重力起動要員。
実はガラルルーキーズにおける重力起動要員は2体しかおらず、もう1体はイシヘンジン。
どちらを採用するかは悩みましたが、重力展開でダメージを与えられる点を評価しイオルブ採用になりました。
他にダイマックスを使用したいポケモンも特にいなかったのも一因です。
実際のところかなり活躍も多く、
防御及び特防の高さからダイマックスすればいい具合に耐えてくれる場面も多かったです。

 

 

f:id:einsxd:20200128004247p:plain

 

ジュラルドン

持ち物:こだわりメガネ
性格:臆病
特性:筋金入り
種族値:70-95-115-120-50-85
努力値:防御4 特攻252 素早252
ステータス:145-x↓-136-172-70-150↑
技構成:てっていこうせん/ラスターカノン/竜の波動/10万ボルト

 

いると強そう枠。実際には1度も選出しませんでした。
事前考察の時点で少しでもアップリューのGの力が刺さる草弱点を誘うため、
ジュラルドンがいれば地面タイプなどが誘発出来るのではないかと考えていました。

私が戦った範囲では、相手の手持ちに地面タイプがいた記憶が一切ありません。
というかアップリューで倒せる相手を誘導できた気がしません。残念。

f:id:einsxd:20200128004250p:plain

 

アップリュー

持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:張り切り
種族値:70-110-80-95-60-70
努力値:攻撃252 防御6 素早252
ステータス:145-162-101-x↓-80-134↑
技構成:Gの力/ドラゴンダイブ/翼で打つ/蜻蛉返り

 

今回の構築の主役ポケモン
このポケモンのために追い風し、このポケモンのために重力します。
一応重力張り切りドラゴンダイブの命中は丁度100であり、
キョダイテンドウ発動後なら当たると考えて問題ないです。

 

f:id:einsxd:20200128004255p:plain

パッチラゴン

持ち物:磁石
性格:意地っ張り
特性:張り切り
種族値:90-100-90-80-70-75
努力値:攻撃252 防御4 素早252
ステータス:165-167↑-111-x↓-90-127
技構成:電撃くちばし/10万馬力/ついばむ/守る

 

張り切りポケモンの一体。
正直アップリューより出番も活躍も多かったです。どうして?
超火力アタッカー。追い風で先手を取ってしまえば張り切り電撃くちばしで驚異の火力。
正直ダイドラグーンされてもそれなりの火力を出せるのが味方ながら恐ろしさを感じました。
なんなんですかこのポケモンは。化け物ですか?

 

f:id:einsxd:20200128004257p:plain

モスノウ

持ち物:気合いのタスキ
性格:臆病
特性:鱗粉(氷の鱗粉ではありません、普通の鱗粉です)
種族値:70-65-60-125-90-65
努力値:防御4 特攻252 素早252
ステータス:145-x↓-81-177-110-128↑
技構成:吹雪/虫のさざめき/追い風/守る

 

進化前の影響でそんなに強くなさそうな気がしてしまいますが、杞憂でした。
特性のおかげでバークアウトや猫騙し、岩雪崩などの追加効果が一切怖くなく、
重力状態であれば吹雪は基本的に命中、
ドラパルト程度の耐久であればダブル補正込みでワンパン(ダイマックス相手だと55%程度)と、
半分サポート要員としての採用でしたが、アタッカーとしても活躍してくれました。
吹雪を連射する都合上、相手を凍らせてしまうことも多く、
置物にならない点が極めて評価できると感じています。



・基本的な立ち回り

先発:イエッサン+モスノウ
後続:イオルブ+アップリュー

初手でイエッサンはこの指とまれ、モスノウは追い風を展開。
理想的な展開ができていればイエッサンは攻撃を被弾して脱出ボタンが発動しているはずです。
代わりにイオルブを投げ、モスノウで追い風を吹かせましょう。

後はイオルブでキョダイマックスし、キョダイテンドウで重力を強化。
モスノウの吹雪やアップリューの各種攻撃技で一気に負担をかけに行きます。

 

・使用感

アップリューの重力Gの力が予想以上に弱かったです。
確かにダイマックス相手に打つ場面は多かったですが、それにしても本当に重力で威力が上がっているのか?
と疑問に思う程度の火力しか出なかったように感じます。

 

採用時は何も考えてませんでしたが、イエッサンとイオルブの相乗効果がそれなりに良く、
サイコフィールドのお陰で気持ち程度とはいえイオルブのキョダイテンドウの火力の底上げができます。
思ってるよりも重力起動で相手に負担をかけられたのでなかなかおもしろい

 

・反省会

そもそもこのルール、蒸気機関セキタンザンの数が尋常ではない上に、
ジュラルドンもかなりの数見受けられました。
環境の考察を完全に放棄して、やりたい事を仕掛けに行くことを念頭に置いてましたが、
予想を超える草技の通りの悪さの影響でアップリューにとって非常に厳しい環境だったと言わざるを得ません。
相手を倒せなければ、相手の反撃で簡単に沈んでしまう耐久の低さも
この評価に拍車を掛ける一因だったのではないかと考えています。

もうちょっとアップリューに優しい環境だったなら、と考えてしまいました。
多分ガラルルーキーズで戦うより通常のランクバトルで戦う方がアップリューには良かったのかも知れません。

 

実は負けすぎた影響で7連続たいみつ状態となり、ほぼ対戦出来てなかったりします。
ちゃんとそれなりの戦績を出せるような構築を組め、と言われてしまった気がしました。

それでも私は、勝てる構築より楽しい構築を組むんでしょうけどね。

 

・まとめ

戦っていて感じたのは、モスノウの強さでした。
重力追い風というコンセプトに於いてその片方を自力で展開できること、
耐久面こそ絶望的なものの火力はかなり優秀であることは素直に評価できると思います。
ダイマックスドラパルトをダブル補正吹雪で半分削った時には感心しました。


主役であるアップリューよりも取り巻きのポケモンが強く、
アップリューが一番活躍出来なかったように思います。
よくネタとして「主役を決めて構築を組んだら、主役が抜けたら完成」と言われますが、
今回に限っては主役のための構築なのに主役が一番出番がないという結果になってしまったので
強ち間違いでもないのかな、と思ってしまう場面が多かったです。

 

パッチラゴン、強いですね。

 

・おわりに

現在、化石ポケモン考察サーバーではルール問わず化石ポケモンの考察に興味がある方を募集しています。
特に今作の化石枠であるパッチラゴン、パッチルドン、ウオノラゴン、ウオノルドンの4種は専用技と言える
電撃くちばしやエラ噛みが極めて強力であり、これを活かすだけでもかなり考察の余地があると思われます。
単純火力もさることながら、コンボ運用としては可能性の塊ですからね。
少しでもこの説明で興味を持った方はtwitterの方で私に一言頂ければ招待しますので、
気軽に声を掛けて頂ければ幸いです。
twitterはこちらからどうぞ:https://twitter.com/eins_xd

※サーバー管理者からは宣伝及び招待の許可は得ています。