破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【ポケモン剣盾ダブル】りんしょうで遊ぼう

 ・やりたかったこと

輪唱を軸にした構築を作りたい。

・着想

ブラック・ホワイトで登場してから、ごく一部の層に独特な人気を得た技である輪唱。
これは初期威力こそ60という低さですが、同じターン中に既に使われていた場合、
その直後に続いて使うことが出来るという技です。
(輪唱を使ったポケモンが3体以上の場合は輪唱を使ったポケモンの素早さ順)
また、同一ターン中に使われた2回目以降の輪唱は威力が倍増し、120となります。
威力120の単体対象特殊技は専用技を除くと気合玉、シンクロノイズソーラービーム、電磁砲と、
意外と少なく、この破壊力を手軽に出せるのは悪くないのではないでしょうか。
私はそう考え、使ってみることにしました。

構築そのものには興味ないという方は最後の方の使用感及びまとめだけでも読んで頂ければ幸いです。

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200505134249p:plain

フォクスライ

持ち物:サイコシード
性格:控えめ
特性:軽業
種族値:70-58-58-87-92-90(合計455)
努力値:特攻252 特防4 素早252
ステータス:145-x↓-78-152↑-113-142
技構成:悪の波動/サイコキネシス/輪唱/守る

軽業を駆使した圧倒的素早さの輪唱トリガー要員。
悪タイプであるため、相手の悪戯心による干渉を受けずに済みます。
軽業発動時でも前述のドラパルトより遅いのが難点です。
(軽業フォクスライが284、スカーフドラパルトが319)
その代わりに物理耐久こそ残念なものの、特殊耐久は案外高めであることや、
あまり相手が狙ってくれないことを利用すればそれなりに粘り強く戦える点、
技の固定が発生しない分柔軟に動ける点は評価できると思います。
レパルダスにしなかった理由はサイコフィールドを利用して若干強いサイコキネシスを使える点です。
実はフィールド補正のせいで悪の波動とは威力の差が3しかなかったりします。
(悪の波動の方が僅かに高いです)

 

f:id:einsxd:20200416165334p:plain

ドラパルト

持ち物:こだわりスカーフ
性格:臆病
特性:クリアボディ
種族値:88-120-75-100-75-142(合計600)
努力値:特攻252 特防4 素早252
ステータス:163-x↓-95-152-96-213↑
技構成:流星群/シャドーボール/火炎放射/輪唱

輪唱を搭載していることを除けば比較的普通のドラパルトです。
天候パーティ相手ですら先手を取れうる素早さを評価し採用しました。
輪唱自体の火力は全く期待できないので追従輪唱のトリガー役その2として扱います。 

 

f:id:einsxd:20200217234615p:plain

ニンフィア

持ち物:喉スプレー
性格:控えめ
特性:フェアリースキン
種族値:95-65-65-110-130-60(合計525)
努力値:HP164 防御84 特攻236 特防6 素早20
ステータス:191-x↓-96-176↑-151-83
技構成:ハイパーボイス/輪唱/マジカルフレイム/見切り
備考:見切りは守るで代用可

輪唱アタッカーその1。フェアリースキン輪唱の使い手です。
スキン補正も合わさり威力144の輪唱を放ちます。
ほぼ破壊光線級の火力を反動なしに連射できるのは極めて魅力的です。  
この構築の輪唱アタッカーの中で最も火力を出せるポケモンなので、
積極的に歌っていきましょう。

 

f:id:einsxd:20200505135231p:plain

イエッサン♂

持ち物:命の珠
性格:控えめ
特性:サイコメイカ
種族値:60-65-55-105-95-95(合計475)
努力値:HP252 特攻252 素早4
ステータス:167-x↓-75-172↑-115-116
技構成:ハイパーボイス/サイコキネシス/輪唱/守る

フィールドを展開できる輪唱アタッカー。
フォクスライを採用した原因の1体です。
この構築の中では3番目に早いので輪唱トリガー、輪唱アタッカーどちらにもなることがあります。
素早さに関しては案外悪くなく、
キョダイラプラスなどを相手にした構築と戦う場合であれば問題なくトリガーが務まります。
フォクスライと並べて輪唱を使うとフォクスライの4倍くらいの破壊力を叩き出してくれるので、
イエッサンが超火力アタッカーに見えてくることも少なくありません。

 

f:id:einsxd:20200505135818p:plain

アシレーヌ

持ち物:神秘の滴
性格:控えめ
特性:潤いボイス
 種族値:80-74-74-126-116-60(合計530)
努力値:HP252 特攻252 特防4
ステータス:187-x↓-94-195↑-137-80
技構成:ハイドロポンプ/ムーンフォース/輪唱/守る

輪唱アタッカーその3。
輪唱という技そのものが苦手とするゴースト・鋼タイプ、特に鋼タイプへの打点となります。
特に輪唱のタイプを変える手段が現状の剣盾環境では、
フェアリースキン、潤いボイス、送電の3種に限られます。
この内技である送電は、それを使用している時点で強化輪唱を撃てないので現実的ではありません。
そのためフェアリースキンか潤いボイスを使うことになりますが、
フェアリースキンでは鋼タイプに対しては半減されてしまいます。
そのため強化輪唱を鋼タイプに向かって半減されずに通すことが出来るアシレーヌは優秀と言えます。
特にドリュウズなどへの対処に使いましょう。

 

f:id:einsxd:20200505140551p:plain

コータス

持ち物:シルクのスカーフ
性格:冷静
特性:ノー天気
種族値:78-60-85-135-91-36(合計485)
努力値:HP172 特攻252 特防84
ステータス:175-x-105-205↑-122-36↓
技構成:ハイパーボイス/竜の波動/輪唱/守る
備考:素早さ個体値0

輪唱アタッカーその4。構築内で最も遅いポケモンです。
現在ガラルに存在するノーマルタイプの中では最も特攻が高いのも特徴的です。
この構築の輪唱アタッカーの中でも2番目に高い火力を叩き出せるので、
積極的に繰り出していきたいポケモンであると言えます。
特性の影響で天候を無視できるので、
葉緑素やすいすい、すなかき、雪かきによる素早さ強化は無視できるのも強みですね。

 ・基本的な立ち回り

先発にイエッサンとフォクスライ、控えにはジジーロンアシレーヌが基本ですが、
相手に応じて輪唱アタッカーは変更しましょう。
基本的に輪唱を押すだけとなります。
追従輪唱は素早さに関係なく、1回目の輪唱の直後に発動するので、
輪唱トリガーは相手より早いかどうかを常に把握しておきましょう。
一応、天候や追い風、トリックルームがなければフォクスライやドラパルトが基本的に先手を取れます。
また、自分の2体もどちらの方が素早いのかを覚えておくと便利です。
この構築の場合は
ドラパルト>フォクスライ>イエッサン>ニンフィアアシレーヌジジーロン
という順番になっています。
フォクスライとドラパルト、ニンフィアアシレーヌだけは若干ややこしいかも知れませんが、
前者はほぼ同時に並ぶことがないので後者だけ覚えておけば問題ないと思います。

・使用感

 輪唱という技は、特殊な効果を持つ技です。
特殊な効果を持つ技で、しかも元の威力が低い。
その上構築単位で輪唱を活かすために組む必要がある。
これによるデメリットが、ダイマックスに非常に向かないということです。
現状の対戦環境はダイマックスを利用することが基本となっています。
個体詳細を見た方なら何となく分かると思いますが、
この構築において、ダイマックス適性を持つポケモンはほぼいません。
アシレーヌがギリギリ適応できそう、という程度でしょうか。
また、強化輪唱もダイマックスを一撃で倒せうるほどの火力を出せるわけではありません。

上記の点から、ダイマックスという耐久面でのインフレに付いていけなかった構築という印象を受けました。

・まとめ

コンボ系に属する戦術を考察する上で、重要な要素の1つが環境に刺さるかどうかです。
今回用いた輪唱を軸とする戦術は環境への刺さり方が絶望的に駄目でした。
ダイマックス適性を持つポケモンを組み込み辛く、
相手のダイマックスを撃破する手段が極めて少なくなってしまいがちです。
現環境を確立している要素の1つであるダイマックス。
これを対処できる戦術がないと構築として、対人戦で勝ち進め得るものを作るのは難しいのかも知れません。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。