破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【ポケモン剣盾ダブル】ナイスフェイス

 ・やりたかったこと

コオリッポの特性を利用して、
フォルムチェンジを駆使した無敵戦術で遊びたい。

 

・着想

コオリッポの特性、アイスフェイス。
フォルムチェンジに関係する固有特性であり、
フォルムチェンジと同時に物理技を無効化出来るという効果を持ちます。
特殊技や連続技に対しては無力なものの、
無力化出来るというのはそれだけで恐ろしい効果であると言えます。
この特性は使い捨てではなく、
再起動の手順を踏めばもう一度物理技を無効化する事ができます。
その手段は、天候をあられ状態に変更すること。
多少面倒な条件に見えますが、実際はかなり簡単に起動できます。
方法は単純、天候があられ以外の時におけるダイアイスの使用ですね。

恐ろしく簡単に無敵戦術を可能にする特性、ナイスフェイス。
この特性で、遊んでみましょう。

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200423163113p:plainf:id:einsxd:20200423163115p:plain

左がナイスフェイス(物理技を無効化出来る形態)
物理技を被弾すると右のナイスフェイスに変化。
ナイスフェイス状態時に天候があられ状態になると、
左のアイスフェイス状態に戻ります。


コオリッポ

持ち物:オボンの実
性格:陽気
特性:アイスフェイス
アイスフェイス種族値:75-80-110-65-90-50(合計470)
ナイスフェイス種族値:75-80-70-65-50-130(合計470)
努力値:HP12 攻撃244 素早252
アイスフェイス時ステータス:152-131-130-x↓-110-112↑
ナイスフェイス時ステータス:152-131-90-x↓-70-200↑
技構成:氷柱落とし/アクアブレイク/腹太鼓/守る

今回の主役。フォルムチェンジによってステータスも大きく変わります。
腹太鼓の使用後はダイマックスを使用することで、
圧倒的な破壊力のダイマックス技を使いつつ物理技に対する耐性を獲得します。
ダメージ計算を無視されるだけで追加効果などは通常通り発生する点には気をつけましょう。

 

f:id:einsxd:20200425205850p:plain

ギャロップ(ガラルの姿)

持ち物:こだわりハチマキ
性格:陽気
特性:パステルベール
種族値:65-100-70-80-80-105(合計500)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:141-152-90-x↓-100-172↑
技構成:じゃれつく/マジックルーム/封印/守る

 

ガラルに影響されてとんでもなくメルヘンになったポケモン
今回は極普通の物理アタッカーとしての採用です。
相手の道具を封じ込めるマジックルームや守るを許さない封印、
普通に殴ってもそれなりの火力が出るポケモンです。
ダイマックスするとダイウォール3個とかいうとても弱そうな構成になるので要注意です。

f:id:einsxd:20200425214304p:plain
カマスジョー

持ち物:きあいのタスキ
性格:陽気
特性:スクリュー尾びれ
種族値:61-123-60-60-50-136(合計490)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:137-175-80-x↓-70-206↑
技構成:アクアブレイク/氷の牙/雨乞い/守る

コオリッポの補助の為のポケモン
雨パーティでもないのにそのまま採用された魚です。
ダイマックスをカマスジョーが使用することになっても、
コオリッポが使用することになっても問題ないように、
天候変更手段を採用した結果、このような構成になりました。
ダイマックス時はなんとダイマックスコオリッポと全く同じ構成になります。

 

f:id:einsxd:20200419000036p:plain

イエッサン♀

持ち物:脱出ボタン
性格:図太い
特性:サイコメイカ
種族値:70-55-65-95-105-85(合計475)
努力値:HP236 防御252 特防20
ステータス:175-x↓-128↑-115-128-105
技構成:サイコキネシス/この指とまれ/癒やしの波動/守る

ダブルバトルに置ける汎用サポート技、
この指とまれを使えるので採用しました。
正直、コンボパーティを作る上で、「この指とまれ」という技の存在は非常に大きく、
これを使えるので採用、というのも珍しくはない話です。

 

f:id:einsxd:20200425215047p:plain
ヒヒダルマ(ガラルの姿)

持ち物:こだわりスカーフ
性格:陽気
特性:ゴリ夢中五里霧
 種族値:105-140-55-30-55-95(合計480)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:181-192-75-x↓-75-161↑
技構成:氷柱落とし/フレアドライブ/馬鹿力/蜻蛉返り

 

特性の都合上、ダイマックスすると弱くなるポケモンの1体。
ガラルの新規追加特性で、ガラルの目玉であるダイマックスを否定するような
特性が出るとは誰も予測できなかったのではないでしょうか。

 

f:id:einsxd:20200425220357p:plain

ゴリランダー

持ち物:突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:新緑
種族値:100-125-90-60-70-85(合計530)
努力値:HP252 攻撃252 素早4
ステータス:207-194↑-110-x↓-90-106
技構成:ドラムアタック/はたき落とす/ドレインパンチ/猫騙

草タイプのガラル御三家。
現時点では隠れ特性であるグラスメイカーが現時点では未解禁なので、新緑で採用です。
全体的に優秀なステータスを持っており、
ドラムアタックで素早さを落としながら攻撃しているだけでも充分強いです。

 ・基本的な立ち回り

先発にイエッサンとコオリッポ、控えにゴリランダーとカマスジョーを繰り出します。
初手でこの指とまれと腹太鼓を即決で選択しましょう。
イエッサンの交代先にはカマスジョーを宣言します。

・パターンA:ターン終了時にアイスフェイスが残っている場合
コオリッポをダイマックスさせ、カマスジョーは味方のコオリッポを殴ります。
コオリッポはダイアイスを使用して、頭を復活させましょう。
雨乞いなどを駆使して天候を


・パターンB:ターン終了時にアイスフェイスが消えている場合
コオリッポをダイマックスさせ、カマスジョーは普通に相手を攻撃します。
コオリッポはダイアイスを使い、頭を復活させましょう。
次のターンも頭が割れていたなら、カマスジョーの雨乞いで天候を変えつつ、
ダイアイスであられの再起動を行い、頭を復活させるループに持ち込みましょう。

・使用感

 面白い特性ではあるのですが、
コオリッポは上記の通り、頭の状態によって素早さが変化します。
これを相手を見ながらうまくコントロールすることが重要ですが、
それに見合う強さがあるか?と言われると返事に困ります。

また、素早さの操作手段をドラムアタック以外に持たない構築であるため、
追い風や天候、トリックルームには勝てません。
この点でも有利な相手の少なさが目立つ構築になってしまったように思います。
素早さの操作手段を仕込むべきなのは間違いないのですが、
構築全体でコオリッポの補助をしているので、
これ以上割けるリソースが殆どないのも辛いところです。

・まとめ

 アイスフェイスという特性は非常に面白いものであり、
物理技に対してほぼ完全な耐性をもつ特性と言えます。
貫通手段は型破り、メテオドライブシャドーレイフォトンゲイザー
そして今後追加が予告されているゴリランダー、エースバーン、
インテレオンのキョダイマックス技程度のものでしょう。
ただし、特殊技に対しては何も出来ない上に頭の状態によって素早さが変化する、という
かなり扱いを困らせる効果をもっています。
相手に応じて頭を自分で割るか、相手に割らせるか。
そこまで考えても優位に立てるのは物理アタッカーに対してのみ。
軸にして対戦を行うのはかなり難しい特性なのかも知れません。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。