破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【剣盾ダブル】アナザーフォルム2on2使用構築・エルサナ

・はじめに+軽い考察

今回はSURさん主催の変則大会である、
アナザーフォルム2on2での考察記事です。

大会の記事はこちら:
https://sursursursursur.hatenablog.com/entry/2020/06/21/170211

使用可能なポケモンをざっくり定義すると、
・常時維持出来るフォルム違いが複数種ある(ロトムパンプジントリトドンなど)
・図鑑番号が同じポケモンからの分岐進化系2種以上
・通常の姿とリージョンフォーム

強そうな並びとして最初に考えたのはブイズ進化系。
これは第2条件である、「図鑑番号が同じポケモンからの分岐進化系2種以上」という定義から参加になります。
この場合は様々なポケモンが使えますが、特に選択肢が多いのはブイズ。
サンダース、シャワーズ、ブースター、エーフィ、ブラッキーリーフィア、グレイシア、ニンフィア
選択肢や組み合わせがダントツで多い点が最大の強みです。

その中でも僕が注目したのはサンダース+ニンフィア
嘘泣きハイパーボイスと輪唱の2種の戦術で多くの相手に勝ち筋を取りにいけるほか、
純粋に嘘泣きダイアタック(破壊光線)で蹴散らす戦術も有効でしょう。

ただ、僕は使いたいポケモンがブイズではないことに気付きました。
ここで考察を一度白紙に戻し、ゼロから考え直します。
考察起点は「サーナイトを使いたかったい」。
僕が2番目に好きなポケモンであるサーナイトは相方にエルレイドを採用することで第2条件を満たします。
この点からサーナイト+エルレイドを軸とした構築を組むことにしました。

戦術としては連携を重視したものにすることを心掛けました。
折角のダブルバトルであり、
1ターンに2体がそれぞれ行動できるならそのコンビネーションを活かしたい、
ましてやこの分岐進化夫婦なら尚更。
そのためサーナイトに影打ちを採用(A0個体)。
エルレイドの持ち物も弱点保険で確定。

これで素早さの優位を確保するだけではコンビネーションを活かすにはまだ足りないと考え、
この2体が連携できる技を探した結果「ダイサイコ+ワイドフォース」が最も汎用性の高い解答として該当。

この2種の戦術である「影打ち弱保起動」「ダイサイコ+ワイドフォース」を駆使し、
連携プレーで勝ちに行くことを重視しました。
2体とも色違いにすることで仲の良さもアピールしています。
色違いにした理由はキミアのサーナイトを使用した影響です。
どうせなら蒼色の2体で揃えたかったです。

キミアのサーナイトを使うと「夢叶えし」という二つ名が付くのいいですよね。

基本戦術などを熟考していくうちに、1つの結論として以下の展開を主軸にすることにしました。
1.サーナイトの影打ちで弱点保険起動→エルレイドのダイジェット(燕返し)
2.エルレイドのダイサイコ(サイコカッター)→サーナイトのワイドフォース
この2種の戦術を併用することで、超火力の連鎖を生み出すことが目的となります。

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200719011416p:plain
(キミアの)サーナイト
性格:控えめ
特性:トレース
持ち物:曲がったスプーン
種族値:68-65-65-125-115-80
努力値:HP252 防御52 特攻132 特防4 素早68
ステータス:175-63↓-92-178↑-136-109
技構成:ワイドフォース/ムーンフォース/影打ち/守る
備考:攻撃個体値0、ウィッシュリボン所持

今回の考察の起点。
ルール上使用できるポケモンの中では一番好きだったので採用。
エルレイドの弱点保険を起動するために影打ちを採用、攻撃個体値は0に。
エルレイドにダイサイコを使ってもらうことで、
ワイドフォースの強化も行えます。
曲がったスプーンはワイドフォースの威力を高めるため採用。
命の珠では影打ちも強化される、
拘り系ではそもそも打ち分けができないためこうなりました。

f:id:einsxd:20200505145309p:plain


エルレイド
性格:陽気
特性:正義の心
持ち物:弱点保険
種族値:68-125-65-65-115-80
努力値:HP188 攻撃52 防御4 特防12 素早252
ステータス:167-152-92-x↓-136-145↑
技構成:インファイト/サイコカッター/燕返し/守る

サーナイトと手を組み、共に勝利を目指すポケモン
ダイジェットによる素早さ補助、ダイサイコによるフィールド展開などをこなして
サーナイトの補助を行います。
同時にサーナイトからは弱点保険を起動してもらい、
若干低めの火力を強化してもらいます。
助け合いの大切さを感じる構築ですね。

・予選7戦の軌跡

全員が繰り出してきた相手と、サーナイトがトレースで確認した特性を表記してあります。
種族名の前にDと書かれているポケモンダイマックス使用者です。
リージョンフォーム持ちのポケモンは原種の場合種族名のみの表記としています。

vignetteさん:
サンダース+Dグレイシア
グレイシア特性:雪隠れ

影打ちダイジェットでグレイシア狙い。
余裕で耐えきられますが相手の攻撃もいい具合に耐えてくれました。
最後は強引な制圧に成功し勝利。
サンダースのつぶらな瞳で折角弱点保険で高めた攻撃力を削ぎ落とされるのが厄介でした。


あんさん:敗北
Dサンダース+エーフィ
エーフィ特性:マジックミラー

対戦そのものは理想的な展開。
ダイジェットなどを駆使し、サーナイトと残りHPわずかのダイマックスサンダースまで追い込むまでは良い流れでした。
ですが、最後の最後にDサンダースのダイホロウがサーナイトの急所に当たって負け。
急所は運負けなのか、急所じゃなくても負けていたのか、
それ次第では悔やまれる一戦。
急所じゃなかったら勝てたと思い込む事で無理矢理精神の安定を確保していました。


えふさん:勝利
ライチュウ+アローラライチュウ
ライチュウ特性:静電気

ダイアーク+フィールドなしライジングボルトをサーナイトが耐えてくれたのでダイナックル影打ちで無理矢理アロライ撃破。
数の暴力を維持したままA+3ダイサイコでライチュウを倒し勝利。
ライチュウの初動がダイサンダーなら負けていたかもしれない対戦なのでダイアーク+ライジングボルトでサーナイトを倒せると踏んで動いてくれたことが最大の勝因。

 

カルフールさん:勝利
ブラッキー+ニンフィア/ダイマックスなし
ニンフィア特性:フェアリースキン

ニンフィアに向かってダイサイコとワイドフォース集中で即座にニンフィア撃破。
サーナイトに毒を盛られるものの、ダイナックルとムーンフォースで強行突破し勝利。


いこーるさん:負け
Dトリトドン西+トリトドン
西トリトドン特性:よびみず

影打ちダイサイコでトリトドン東を狙うも仕留めきれず返り討ち。
狙う方向が違えば違ったかもしれませんが、これは本当にどうしようもない対戦。
流石にカウンターする方向やダイマックスする方向は初見では確認不可能ですからね。
運負けということにしておきます。
色を見ただけでは択負けとするには情報不足ですし。

 

NaiSoKKeiさん:勝ち
ニャオニクス♂+Dニャオニクス
ニャオニクス♀:勝ち気

瞑想暗示からのニャオニクス♂のリフレクター+ダイマックス。
かなりの強敵でしたがダイジェットムーンフォース→影打ち弱点保険からのダイジェットでニャオニクス♂を強行突破。
相手のダイホロウをエルレイドが耐え、サーナイトがトレースした勝ち気により火力を底上げ。
相手のダイウォールでエルレイドのダイマックスターンを枯らされ、
次のターンのダイフェアリーでエルレイドを倒されるものの、相手もダイマックス効果終了。
最終的にサーナイトムーンフォースで撃破して勝利。
最長の試合でした。

 

カタバミさん:勝利
サーナイト+Dエルレイド
サーナイト特性:トレース

終戦。まさかのミラー対決。
ノータイムで影打ちを味方エルレイドにダイジェットを相手エルレイドに選択。
お互いに初手からエルレイドにダイマックスを消費し、色違いVs.通常色としては見応えのある試合に。
味方エルレイドが同速勝負を制し、相手のエルレイドに向かって先制ダイジェットで撃破。
残ったサーナイトマジカルシャインは耐えきり、次のターンのダイジェット+ムーンフォースで撃破。
ダイジェットを先制で撃てなかったら負けていたかもしれない対戦だったので、
個人的には一番楽しいと同時にお祈りを欠かせなかった対戦でした。

f:id:einsxd:20200719013122j:plain

カタバミさん戦の光景


・結果

総合戦績としては5勝2敗。
負けた2試合は急所が必要だったかどうかが論点になるあんさんとの対戦と、
ダイサイコに対して的確にカウンターを仕掛けた択ゲー(僕視点では完全に運ゲー)を制したいこーるさんとの対戦。
短時間での考察でしたが、個人的には満足の行く結果でした。
サーナイトの持ち物が思いつかないから火力アイテム!という発想だけは間違いで、
直前まで候補にしていたリリバの実の方が本当に強い構築に近かったように感じます(カシブなら確実に勝てた試合がある)。
予選での順位は1位タイ。同率1位が3名発生する事態になりました。

決勝へは僕に勝利した2名が進出。
考察時点で持ち物や技の選択によって負けたのが1戦。
実力で負けたのではなく、その先の次元で負けたのが1戦。
どちらかだけでも拾えていれば決勝への道を残せたことが悔やまれます。
特にエルレイドの守るは一切使わなかったので、
地震かはたき落とすを習得させておけば楽に勝てた試合が多かったように思います。
ここで止まるのが自分の今の実力である、ということを思い知らされた大会でした。
今後も精進していきたいと思います。

余談ですがこの大会の決勝戦は共に僕に勝利して決勝リーグへ駒を進めた2名の戦い。
「持っている」人々は流石に強いですね。


・おまけ

エキシビション戦(大会ルールが楽しかったので)
ぴピPさん:負け
ガラガラ+Dアローラガラガラ

影打ちダイサイコでサイコフィールドの起動を優先、対象は動かれるとヤバいアローラガラガラ
ですが半分程度で耐え切られてしまい、通常ガラガラにアイアンヘッドを叩き込まれて仕留められてしまう展開に。
エルレイドに地震を採用しなかったデメリットがここで明確に出てしまったように感じました。

げっしるいさん:
Dライチュウ+アローラライチュウ
アローラライチュウ:サーフテール

まさかのライチュウコンビとの再戦。
エキシビションで何度地震に悩めばよいのでしょうか?
サーナイト方向へのダイサンダー+放電は耐えきったものの、放電による麻痺でエルレイドが行動に失敗。
そのまま押し切られて負ける流れになりました。
麻痺はどうしようもないですね。

エキシビションは0勝2敗。
完全に予選で疲れ果てた人の戦績ですねこれ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。