破片影

ポケモントリプル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。特殊戦術等について考察してます。

【ポケモンORASトリプル】遺産雨・トノグドララティハッサム ~2012年のきみたちへ~

2012年のきみたちへ。

f:id:einsxd:20220325011732p:plain

・やりたかったこと

エイプリルフールらしい構築案が思いつかなかったので、
たまには真面目に過去に生きてみようと思った。

・着想

BW2時代に猛威を奮った構築といえば!
・トノグドラ
・ラティハッサム

f:id:einsxd:20220325012333g:plainf:id:einsxd:20220325012404g:plain

f:id:einsxd:20220325012550g:plainf:id:einsxd:20220325012612g:plain

うーん懐かしい。並びも絵面も。
当時のブログだとこんな感じでポケモンが動くイラストだったりしましたね。
当時の構築記事とかほとんど読んだことないですけど。
この4体は雨パとして構成させても問題なく機能しそうです、混ぜましょう。
流石に4体では潜れないので、
もう2体も当時から居そうな感じのポケモンにします。

f:id:einsxd:20210917232735j:plain

完成!

f:id:einsxd:20220325011853p:plain

本当に令和の構築か?

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20220325012433g:plain

ニョロトノ

持ち物:オボンのみ
性格:なまいき
特性:あめふらし
種族値:90-75-75-90-100-70(合計500)
努力値:HP204 防御52 特防252
ステータス:191-x-102-110-167↑-67↓
技構成:熱湯/冷凍ビーム/滅びの歌/守る
備考:素早さ個体値0

トノグドラのトノの方。
耐久に特化させた雨起動要員。
火力は基本的に信頼せず、雨の起動と試合終盤の詰めとしての
滅びの歌を使っていく形です。
熱湯はワンチャン火傷が発生するととても嬉しくなるので採用しました。

f:id:einsxd:20220325012435g:plain

キングドラ

持ち物:命の珠
性格:控えめ
特性:すいすい
種族値:75-95-95-95-95-85(合計540)
努力値:HP4 特攻252 素早252
ステータス:151-x↓-115-161↑-115-137
技構成:熱湯/濁流/龍の波動/守る

トノグドラのグドラの方。
雨補正の乗った濁流でダメージをバラ撒いていくのが主な仕事です。
熱湯は確実に仕留めたい相手がいる時や、
ワイドガード警戒用に採用しました。
ダブル補正がかからない分、単体への打点としては濁流より上なので
打ち分けが出来るのは非常に便利でした。

f:id:einsxd:20220325012552g:plain

ラティオス

持ち物:龍のキバ
性格:臆病
特性:浮遊
種族値:80-90-80-130-110-110(合計600)
努力値:防御4 特攻252 素早252
ステータス:155-x↓-101-182-130-178↑
技構成:龍の波動/サイコショック/10万ボルト/守る

ラティハッサムのラティの方。
イッシュ地方時代なら眼鏡流星を叩き込むアタッカーですが、
流石にニンフィアが泣き叫ぶ環境で眼鏡流星は厳しいと感じ、
遠隔技である龍の波動をメインウェポンにしながら、
守れるラティオスとして採用しました。
10万ボルトは雨同士で出会った際のニョロトノへの打点や、
ファイアローを仕留めるためにそれなりに活躍しました。

f:id:einsxd:20220325012727g:plain

ハッサム

持ち物:ハッサムナイト
性格:意地っ張り
特性:テクニシャン
種族値:70-130-100-55-80-65(合計500) → 70-150-140-65-100-75(合計600)
努力値:HP236 攻撃252 特防20
ステータス:175-200↑-120-x-103-85 → 175-222↑-160-x↓-123-95
技構成:バレットパンチ/剣の舞/羽休め/守る

ラティハッサムハッサムの方。
剣舞バレパンで全抜きを目指すワンウェポン型。
この構成は始めて使ったものですが、
先制技で制圧するというコンセプトは非常に分かりやすく、
それでいて強いのは非常に魅力的だと感じました。

f:id:einsxd:20220325013440g:plain

ルンパッパ

持ち物:気合いのタスキ
性格:控えめ
特性:すいすい
種族値:80-70-70-90-100-70(合計480)
努力値:特攻252 特防4 素早252
ステータス:155-x↓-90-156↑-121-122
技構成:ハイドロポンプ/冷凍ビーム/エナジーボール/猫騙

猫騙し担当枠。当時にもそこそこの数はいた……気がする。多分。
雨補正込みでもそこまで火力があるわけではないので控えめで採用。
ハイドロポンプの火力は悪くはなかったですが、
それでも火力が足りているとは言えないものでした。
命中率が低いので心臓への負担がヤバめです。熱湯推奨。

f:id:einsxd:20220325013503g:plain

サンダー

持ち物:たべのこし
性格:控えめ
特性:プレッシャー
種族値:90-90-85-125-90-100(合計580)
努力値:HP220 特攻252 素早36
ステータス:193-x↓-105-194↑-110-125
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/追い風/見切り
備考:防御個体値30

当時からいた電気枠。ボルトロスよりは数が多かったはず。
素早さを最速バンギラス+1に調整したサンダー。
特攻特化、残りをHPに振ったらいい感じに16n+1になったので食べ残し持ち。
追い風を撃つ場面はそこまで多くはなかったものの、
電気タイプ枠として要求されるファイアローの駆除などの仕事は
しっかり果たしてくれたので満足の行く枠です。

・使用感

戦績としては10戦6勝4敗。勝率6割。
ニンフィア入り構築への勝率は2割。

イッシュ地方ニンフィアなんて存在しないので、
ニンフィアにはひたすらに勝てません。
久々にフェアリータイプが環境に与えた影響の大きさを再認識させられました。

ニョロトノがそこそこ耐久が高く、
受け出しがある程度できるので
天候の維持は意外となんとかなる気がしました。
ただしアタッカー組の耐久が全体的に低めで、
とにかく短期決戦に持ち込まないと勝てない構築だと感じました。

ハッサムは非常に面白い構成ではありましたが、
威嚇や壁などの耐久補助がない場合では
この構成で運用するのはかなり厳しいと感じました。
特にファイアローの鉢巻ブレイブバードだけでもかなり削られるので、
そこに対して対応出来る威嚇は必須なのかもしれません。

・まとめ

エイプリルフールに合わせて、
時代錯誤をテーマに考察した構築を作ってみました。
流石に過去の環境を意識して作った構築は弱いとは言わないものの、
現代の環境に適応出来ていない部分はあるなと感じました。
特にファイアローニンフィアメガガルーラ
環境に与えた影響の大きさを痛感しました。
このポケモン達が登場したことで
対戦環境のポケモンが大きく変わった理由を体感出来ました。
第5世代だと格闘タイプとドラゴンタイプが最強クラスでしたが、
今では本当に減りましたからね。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

無理矢理64x64にしたドット絵トレス描いた(原作は戴き物)けど、
多分時間の割に合わない完成度してるのでもうやりません。