破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【ポケモンORASトリプル】第2回しりトリプル使用構築:威嚇サイクル式瞑想零度スイクン

 ・やりたかったこと

第2回しりトリプルという企画に参加してきました。
スイクンを要塞化し、絶対零度で強行突破する構築を目指しました。

・着想

トリプルバトルは全員を絶対に選出することになります。
そのため全員にどういう役割を割り振るか、ということは誰もが悩むでしょう。
その6体をもし何らかの縛りを以て決めたら楽しいのではないか?
という発想からしりトリプルが発生しました。
詳細は主催のうえすさんの記事をどうぞ:【ORASトリプル】第2回!しりトリプル!!

僕自身は第1回にも参加しており、その際にも優勝したので、
今回も本気で勝ちに行くことを考えました。
今回は過去作限定個体も使用可能であるため、
それを織り込んだ考察をしています。

 

・しりとり結果

あみだくじの結果、僕は追い風ブロックに入ることになりました。
他に該当したのは@SURさん、もるもっとさん、えふさん、うえすさん(主催)でした。

初週は5順目。
全員の選択を眺めていきます。
ゴースト→トルネロススバメメタグロス
スから始まるポケモンで過去作個体が使用可能、と言われるとあのポケモンしか思いつきませんよね?
ということで1枠目はスイクンで確定です。

2週目は2順目となりました。
直前の宣言はクロバットです。
トから始まる比較的万能なポケモンを入れておけばいいだろうと思い、僕はトゲキッスを宣言。
この先はストライク→クヌギダマ(※)→マンタインと続きました。

3週目は5順目。全員を眺めるしかないので欲しい要素を考えておくことに。
トゲキッススイクンがいる以上素早さ操作やこの指枠は問題ありません。
ですが火力面に関しては不安しかないと言えるでしょう。
後は猫騙し枠も確保したいところです。
メガ枠も確保したいですね。
と、色々考えてる間にしりとりは以下のように続きました。
イワパレス→スリーパー→パルシェンシェルダー
ダから始まるポケモンが特に思いつけず、咄嗟に宣言したのはダーテング
他に即座に思いつけたダンバルダイケンキよりは扱いやすいですし、
悪い選択ではなかったのではないかと思います。

4週目、自分の回答は4順目です。
自分の回答が後半に偏っている気がするな、などと思いながらしりとりの様子を眺めます。
グランブルルカリオオーベム
ムから始まるポケモン、何だ?
じっくり考えている様子はありません、最初に思いついたのはムーランド
これを宣言するしかありません。
ムウマージとかでも良かった気はしますが言ってしまったものは仕方ありません。
この後はドードリオが出てきました。

5順目、そろそろ自分の方針を決めたいところ。
スイクントゲキッスダーテングムーランドではどういう方針にでも出来ますが、
同時に特化した強さを持たない点を考えて個性の強いポケモンを採用したいですね。
自分の番は2順目。直前の宣言はオニゴーリでした。
リから始まるポケモン、リオルかリングマしか思いつきませんでした。
ここまでアタッカー不足気味でリオルを採用するのは如何なものか、と考えリングマを採用。
この後はマグカルゴゴルーググレッグル(※)と続きました。

6順目、これで最後のポケモンの選択です。
高火力なアタッカーかメガ枠を確保したいですね。
自分は3順目となりました。
ルージュラライチュウという流れでしたので自分はウインディを宣言。
ウから始まるメガ枠はおらず、強そうなポケモンが他に思いつけなかったので仕方ないでしょう。
この先はディグダダグトリオとなりました。

結果はそれぞれ以下の通りです。
括弧内はそれぞれその週での何巡目であったかを示しています。
左から順に1週目、2週目…という順に並べています。
※印のポケモンはしりとりに回答できなかった枠です。

・@SURさん
トルネロス(2)・クロバット(1)・スリーパー(2)・ルカリオ(2)・マグカルゴ(3)・ライチュウ(2)

・もるもっとさん
ゴースト(1)・ストライク(3)・シェルダー(4)・オーベム(3)・オニゴーリ(1)・ダグトリオ(5)

・えふさん
メタグロス(4)・クヌギダマ(4/※)・パルシェン(3)・グランブル(1)・ゴルーグ(4)・ルージュラ(1)

・アインズ
スイクン(5)・トゲキッス(2)・ダーテング(5)・ムーランド(4)・リングマ(2)・ウインディ(3)

・うえすさん
スバメ(3)・マンタイン(5)・イワパレス(1)・ドードリオ(5)・グレッグル(5/※)・ディグダ(4)

僕の選択としては、全体的に悪くない選択はしたとは思いますが、
相手を倒す性能が高いポケモンが少ないのが悩みどころです。
威嚇が2体いるのでどちらかというと受け寄りのサイクル構築にする方針になるでしょうか?
ということでスイクンを主軸とした構築を作ることにしました。

・個体紹介

f:id:einsxd:20200516204409p:plain
スイクン

持ち物:カゴの実
性格:のんき
特性:プレッシャー
種族値:100-75-115-90-115-85(合計580)
努力値:HP252 防御252 特攻4
ステータス:207-x-183↑-111-135-94↓
技構成:熱湯/絶対零度/瞑想/眠る
備考:WINスイクン(海外版クラウンスイクン)

眠る瞑想スイクン絶対零度を採用した構成です。

 

f:id:einsxd:20200422170536p:plain

トゲキッス

持ち物:オボンの実
性格:図太い
特性:天の恵み
種族値:85-50-95-120-115-80(合計545)
努力値:HP244 防御252 特攻4 特防4 素早4
ステータス:191-x↓-161↑-141-136-101
技構成:エアスラッシュ/この指とまれ/追い風/守る

 

スイクンが安定して瞑想を積む時間が作れるようにするサポーター。
素早さ操作としての追い風も教えさせています。
役割が過剰なようには見えますが、
基本的に繰り出すのはある程度対戦が動いてからなので、
必要な仕事はしっかりしてくれるような印象を受けました。

 

f:id:einsxd:20200516204955p:plain

ダーテング

持ち物:気合いのタスキ
性格:臆病
特性:葉緑素
種族値:90-100-60-90-60-80(合計480)
努力値:特攻252 特防4 素早252
ステータス:165-108↓-80-142-81-145↑
技構成:リーフストーム/悪の波動/猫騙し/守る
備考:6V想定

物理型・特殊型、どちらもそれなりに強いですが、
今回は悪の波動を習得する、という理由から特殊型にしました。
悪の波動は遠隔技であり、端から端まで届くという強みがあるので、
猫騙し要員兼アタッカーとして運用しています。

 

f:id:einsxd:20200518233428p:plain

ムーランド

持ち物:ゴツゴツメット
性格:意地っ張り
特性:威嚇
種族値:85-110-90-45-90-80(合計500)
努力値:HP244 特攻252 特防12
ステータス:191-178↑-110-x↓-112-100
技構成:恩返し/じゃれつく/吠える/守る

比較的普通な物理アタッカー。
威嚇で相手の火力を下げた上で物理接触技を受ければ、
相手にスリップダメージを与えることが出来て非常に優秀です。
吠えるはトリックルーム対策としての採用です。
今回のルール上、どうしても進化前などの素早さが低いポケモンが多く見受けられる以上、
構築のどこかにトリックルーム対策が必要だろうと感じたため採用しました。
実際に機能したのは1試合だけでしたが、
採用しているという事実のお陰で幾分かトリル警戒を過剰警戒しなくて済む場面が多かったので、
そういう意味では非常に良い選択だったのではないかと考えています。

f:id:einsxd:20200516205319p:plain
リングマ

持ち物:毒々玉
性格:意地っ張り
特性:根性
種族値:90-130-75-75-75-55(合計500)
努力値:HP252 攻撃252 特防4
ステータス:197-200↑-95-x↓-96-75
技構成:からげんき/インファイト/噛み砕く/守る

f:id:einsxd:20200518232503p:plain

そんな餌で俺様が釣られクマー(ズザザザ
今回の構築の貴重なアタッカー。
スイクンの一撃必殺を考慮しなければ一番火力が高いポケモンです。
第6世代では火傷ダメージがHPの1/8であり、
2ターン目までは猛毒の方が総ダメージが小さく、
3ターン目でようやくダメージがほぼ同値になります(場合によっては毒々玉の方が僅かに小さい)。
空元気で相手を切り崩すアタッカーを任せます。
どうしても構築全体で火力不足気味なので、削りとして活躍する場面が多かったです。

f:id:einsxd:20200426013502p:plain
ウインディ

持ち物:食べ残し
性格:穏やか
特性:威嚇
種族値:90-110-80-100-80-95(合計555)
努力値:HP220 防御4 特攻4 特防252 素早28
ステータス:193-x↓-101-121-145↑-119
技構成:火炎放射/バークアウト/鬼火/守る

威嚇枠その2。
見て分かる通りの相手の弱体化に特化させた構成です。
相手の弱体化を行うことでスイクンの瞑想や絶対零度を撃つ隙を作ることを意識します。
鬼火は雑に撒いて8ターン待てば相手を倒せるので、
ムーランドと共に威嚇サイクルを回して弱体化させて、
とにかく待ち続ける戦術も必要に応じて使用します。

 ・基本的な立ち回り

先発は左からスイクンムーランド
3枠目には猫騙しが必要そうかどうかを見てダーテングリングマで挑みます。
相手の先発を見て行動が分岐していきます。
基本的にはスイクンの瞑想をするために構築全てのリソースを捧げましょう。
そのためリングマは初手守る、ダーテングなら初手猫騙しを使いつつ、
ムーランドウインディに入れ替えて更に威嚇、
スイクンで瞑想を積みに行くのが基本的なゲームプランです。

なんだか強いのでは?という気がしてきますね。

・対戦結果

まずは僕のパーティがこちら。メガ枠不在なのが気になる点ですね。
逆に言えばそれ以外は強そうなのではないでしょうか?
スイクントゲキッスダーテングムーランドリングマウインディ

 

予選1戦目・@SURさん:勝利
相手パーティ:トルネロスクロバット・スリーパー・ルカリオマグカルゴライチュウ
相手の戦術はスリーパーの毒ガスを用いたもの。
時間を掛けてくる相手であれば瞑想スイクンがそれなりに積めればなんとでもなります。
毒状態に関しても眠れば回復出来るので問題ないと言えますね。
お互いに時間のかかる戦術だったためそれなりに決着まで長引いた対戦でした。

予選2戦目・もるもっとさん:勝利
相手パーティ:ゴースト・ストライク・シェルダーオーベムオニゴーリダグトリオ
トリックルーム構築にオーベムのシンプルビームとシェルダーの殻を破るを合わせたなにかでした。
トゲキッスエアスラッシュムーランドの吠えるで無理やりトリックルームを封じ、
瞑想スイクンや根性リングマで殴る形で勝利。

予選3戦目・うえすさん:勝利
相手パーティ:スバメマンタインイワパレスドードリオグレッグルディグダ
予選の対戦の中では一番苦戦した相手でした。
相手の戦術は砕ける鎧弱点保険殻を破るイワパレスによる制圧に特化した構築。
岩の一貫が酷いこと、こちらが長期戦を重視した構築であることが災いし最も苦戦した相手になりました。
最終的にリセットムーブしたスイクンマンタインの戦いを絶対零度で仕留める形で勝利。

予選4戦目・えふさん:勝利
相手パーティ:メタグロスクヌギダマパルシェングランブルゴルーグルージュラ
クヌギダマに毒菱を巻かれたせいでまた毒状態と戦う羽目に。
相手がトリックルームを使ってこないごく普通の構築だった点や、
威嚇や鬼火で機能停止に追い込める物理アタッカーやスイクンで受けられる相手が多く、
構築単位で有利だったように感じました。
終始ルージュラトリックルームを過剰に警戒していたことは反省すべきかもしれません。

予選を全勝したことで、追い風ブロック1位として決勝戦に進出。
対戦相手は同じくトリルブロックを全勝で1位通過したサイマルさんとの対戦でした。

勝戦・サイマルさん:勝利
相手パーティ:シビルドンプテラクチートライコウグラエナオムスター
トリルブロックを全勝した、というだけあって構築としての完成度はかなり高め。
雨追い風を駆使した構築でした。
僕の構築は電気と水とを同時に受けられるポケモンがいないため、
オムスター+ライコウの並びで構築が崩壊するような状態でした。
前半は完全にサイマルさんのペースでしたが
オムスターに対して一か八かの絶対零度を命中させてから一気に状況が変化。
最終的にはムーランド+ウインディによる鬼火を撒きながらの威嚇サイクルで、
相手を無力化させつつプレッシャーによるPP枯らしでの勝利となりました。
前半では完全に手玉に取られていた状態だったのでスイクン絶対零度を当てていなければ、
ほぼ確実に負けていたのではないかと思います。

・感想

メガ枠がいなくてもトリプルバトルを真面目に勝ちに行くことは出来ることを体感できました。
今回使った構築は全員にちゃんと役割を振り分けることが出来ており、
対戦中もどこでどのポケモンにどういう役割を果たしてもらうか、
ということを冷静に考え続けられたのが大きかったのではないかと思います。
第1回に引き続き第2回も連勝できたので、
自分自身のしりとり力にも多少の自信が付きました。
前回優勝時に使用した構築はトリックルーム特化型構築だったので、
(ドラミドロドクロッグ・スリーパー・グランブルムシャーナパラセクト)
グッドスタッフ系構築もちゃんと組めるという事が分かったのは大きな収穫だったと感じています。

・おわりに

他の参加者の記事です。
僕が発見できた範囲のみ記載しています。

追い風ブロック:
うえすさんの記事:https://pacchirin.hatenablog.com/entry/2020/05/17/224316

トリルブロック:
いこーるさんの記事:http://equal-gleich4060.hatenablog.com/entry/2020/05/17/232521
サイマルさんの記事:http://saimal310.blog.fc2.com/blog-entry-453.html

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。