破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【ポケモン剣盾ダブル】送電竜舞フライゴン無双

 ・やりたかったこと

送電を使って遊びたい。

 

・着想

ツイキャスで雑談枠を開いていた時に、
とある発言がありました。

「 そ う で ん 」

要するに、送電を使った構築を組め、という話ですね。
その枠の間の時間を使って軽く構築案を組んでみました。

なんかそれっぽいものが出来上がってますね。
完成度を確かめる意味も込めて、ちょっと遊んでみましょう。

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200422170045p:plain
フライゴン

持ち物:弱点保険
性格:陽気
特性:浮遊
種族値:80-100-80-80-80-100(合計520)
努力値:HP28 攻撃220 防御4 特防4 素早252
ステータス:159-148-101-x↓-101-167↑
技構成:地震/鋼の翼/龍の舞/守る

今回の主役。
送電するなら地面タイプが積む時間は作れるのでは?という提案から。
地面タイプの中でも龍の舞を使えるという点が優秀であると考え、
フライゴンを採用しました。

 

f:id:einsxd:20200422170318p:plain
パルスワン

持ち物:シュカの実
性格:陽気
特性:頑丈顎
種族値:69-90-60-90-60-121(合計490)
努力値:HP244 攻撃12 素早252
ステータス:175-112-80-x↓-80-190↑
技構成:雷の牙/ほっぺすりすり/送電/守る

 

一部ではイヌヌワンでおなじみワンパチの進化系。
今回の構築における考察の起点です。
この記事執筆時点(2020年4月23日深夜2時)では勝ち気が未解禁のため、
頑丈顎での採用となっています。
現状、ガラルに存在する送電使いはパルスワンとエレザード、進化前であるエリキテルのみ。
今回は素早さの高さを評価する形でパルスワンを採用することにしました。
広角レンズを持たせることで絶妙に低い雷の牙と電磁波の命中を補っています。
ワイルドボルトよりも頑丈顎補正込みの雷の牙が強いので採用していますが、
ワンウェポンで雷の牙採用というのもなかなか妙な絵面ですね。 

f:id:einsxd:20200422170536p:plain
トゲキッス

持ち物:オボンの実
性格:図太い
特性:天の恵み
種族値:85-50-95-120-115-80(合計545)
努力値:HP244 防御252 特攻4 特防4 素早4
ステータス:191-x↓-161↑-141-136-101
技構成:エアスラッシュ/マジカルシャイン/この指とまれ/守る

シンプルに強いポケモンです。
この指とまれを覚えるポケモンなので採用しました。
電磁波で素早さを下げた相手に対して、
エアスラッシュによる理不尽な運ゲーを仕掛けられるのも強みですね。

 

f:id:einsxd:20200422170817p:plain
キレイハナ

持ち物:食べ残し
性格:臆病
特性:癒やしの心
種族値:75-80-95-90-100-50(合計490)
努力値:HP212 防御4 特攻36 特防4 素早252
ステータス:177-x↓-116-115-121-112↑
技構成:ギガドレイン/ムーンフォース/蝶の舞/守る

電気タイプに対して耐性を持ち、
火力と素早さを同時に補える技である蝶の舞を覚えるので採用しました。
葉緑素にするか悩みましたが、今回は天候を晴れにする手段を構築に組み込んでいないため、
状態異常に対して擬似的な耐性を持つことが出来る癒やしの心を採用しています。
草技としてエナジーボールではなくギガドレインを採用していますが、
場持ちを少しでもよくしたいという考えの結果、こうなりました。

 

f:id:einsxd:20200422171329p:plain
ゲンガー

持ち物:黒いヘドロ
性格:臆病
特性:呪われボディ
 種族値:60-65-60-130-75-110(合計500)
努力値:HP204 防御44 特攻4 特防4 素早252
ステータス:161-x↓-86-151-96-178↑
技構成:祟り目/鬼火/封印/トリックルーム

 

トリックルーム要員です。
悪戯心真似っ子or挑発を利用したトリックルーム構築以外に対しては、
確実に封じ込む強い意志を持って運用しましょう。
この構築は全体的に状態異常を利用して戦うことを重視しているので、
それを活かせる祟り目を採用しました。
また、物理耐久の低いポケモンも数体いる点や、
自身の鬼火と相性が良い点から鬼火を採用しています。

 

f:id:einsxd:20200418235524p:plain
ドラパルト

持ち物:締め付けバンド
性格:臆病
特性:呪われボディ
種族値:88-120-75-100-75-142(合計600)
努力値:HP220 防御4 特攻4 特防28 素早252
ステータス:191-x↓-96-121-99-213↑
技構成:祟り目/纏わり付く/電磁波/守る

素早さが武器のドラゴンポケモン
今回はドラゴンらしさを捨てて、妨害に特化させています。
持ち物の締め付けバンドはバインド状態でのスリップダメージを
最大HPの1/6に強化させる効果を持っています。
(持ち物がない場合のバインド状態でのスリップダメージは最大HPの1/8)
キョダイゴクエンやキョダイフンセキと同程度のダメージを与える手段といえば、
この恐ろしさが伝わりやすいのではないでしょうか?
また、素早さを落とした上で行動失敗の可能性を生み出す電磁波も併用することで、
相手の行動を許さず刈り取る可能性も作れるようにしています。

 ・基本的な立ち回り

 先発をパルスワンとフライゴン、控えをドラパルトとゲンガーにしましょう。
パルスワンはフライゴンに致命的な攻撃を放ちそうな方に向かって送電、
フライゴンはそのまま龍の舞を使い、能力を上げていきます。
ある程度能力を引き上げられたならダイマックスをフライゴンに使い、
相手をなぎ倒していきましょう。

・使用感

 送電を使うことで2対1の状況を作ることを目指す構築です。
ただし、冷静に考えてください。
こちらのポケモンは片方が送電しています。
つまり、送電要員もなにも出来てないと言えるでしょう。
1対1を創り出す構築となると、フライゴンが有利な相手にしか勝てません。
不利な相手を無力化したとしても、もう一体にフライゴンが有利でなくては、
何の意味もないと言えるでしょう。

送電でサポートされるポケモンがどこまで有利な相手が多いか。
それがこの戦術における最重要ポイントです。

・まとめ

 フライゴンはそれなりに強いです。
ただし、この構築の弱点として、
フライゴンが強い構築にしか勝てないという重大な欠陥があります。
どんなポケモンでも絶対に常勝無敗にはなれないでしょう。
1体に依存した戦術の不安定さを痛感する事になる構築でした。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。