破片影

ポケモンダブル勢の端くれによる不定期更新な気まぐれブログです。よくネタパ等について考察してます。

【ポケモン剣盾ダブル】一撃必殺のすゝめ

 ・やりたかったこと

一撃必殺を使えばダイマックス以外一発で倒せるので、
一撃必殺を最大限活かした構築を使いたい。

 

・着想

一撃必殺。
角ドリル、絶対零度、ハサミギロチン、地割れの総称です。
この技を使って相手を倒した場合、「一撃必殺」という専用メッセージが出ることが由来と思われます。
第三世代以降の作品ではこれらの技の命中率計算は特殊で、氷タイプのポケモン以外が使う絶対零度を除き、
攻撃側のレベル-防御のレベル+30、という式のみで計算できます。
氷タイプ以外のポケモンが使う絶対零度の場合は上記の式の30の部分が20に変化します。
また、攻撃側のレベルが防御側のレベルより低い場合は
「全然効いてない!」というメッセージが表示され、完全に無効化されます。
この仕様により、レベルが50で固定されてしまうランクバトルにおいては、
命中率は30(氷タイプ以外が使う絶対零度のみ20)として考えることが出来ます。

流石に命中率30か20の技を軸にして対戦するのは嫌なので、改善策を考えましょう。
命中率や回避率を変動させる効果は一切受け付けませんが、必中にする効果は受け付けます。
自分の技を必中にする方法としては特性:ノーガードの取得かロックオン状態の付与になります。
今回は特性:ノーガードの付与を目指す方針で構築を考えましょう。

 

 

・個体紹介

f:id:einsxd:20200417010754p:plain

マッギョ

持ち物:食べ残し
性格:生意気
特性:静電気
種族値:109-66-84-81-99-32(合計471)
努力値:HP196 防御68 特攻244
ステータス:209-x-113-x-165↑-33↓
技構成:地割れ/あくび/眠る/守る
備考:素早さ個体値0、攻撃個体値は低ければ低いほど良い(イカサマのダメージ軽減)

 

今回の構築の主役。
とりあえず地面タイプの技が効く相手は全員倒します。
ノーガードになってしまえば接地しているポケモンは全員マッギョのエサです。
1体ずつ丁寧に倒していきましょう。

 

f:id:einsxd:20200417011507p:plain

ジュラルドン

持ち物:こだわりメガネ
性格:控えめ
特性:筋金入り
種族値:70-95-115-120-50-85(合計535)
努力値:防御4 特攻252 素早252
ステータス:145-x↓-136-189↑-70-137
技構成:徹底抗戦/ラスターカノン/流星群/悪の波動

 

相手にダメージを与えつつ退場する準備をするポケモン
とりあえず徹底抗戦を放つことで、自分に大ダメージを与えつつ相手を倒す事を目指します。
今回の構築では手持ちを3体にしてからでなければコンボの展開ができないため、
相手に負担をかけつつ、自滅出来るポケモンという特殊な採用理由となりました。
メガネ徹底抗戦は悪くない火力で楽しかったです。

 

f:id:einsxd:20200417011837p:plain

シルヴァディ

持ち物:こだわりハチマキ
性格:陽気
特性:ARシステム
種族値:95-95-95-95-95-95(合計570)
努力値:HP4 攻撃252 素早252
ステータス:171-147-115-x↓-115-161↑
技構成:大爆発/アイアンヘッド/岩雪崩/噛み砕く
 

爆弾枠。ジュラルドンと同じく自滅するアタッカーです。
ハチマキ大爆発はダブル補正込みで持ち物なしウオノラゴンの先制エラ噛みを超える火力です。
これを相手2体にまとめて放つと考えればどれだけ凄まじい破壊力か、想像に難くないのではないでしょうか。
無理矢理相手を突破しつつ、自滅することで構築の展開を補助します。

 

f:id:einsxd:20200417012324p:plain

エルフーン

持ち物:気合のタスキ
性格:臆病
特性:いたずらごころ
種族値:60-67-85-77-75-116(合計480)
努力値:特攻252 特防4 素早252
ステータス:135-x↓-105-129-96-184↑
技構成:ムーンフォース/嘘泣き/追い風/守る

 

サポート要員枠。メイン選出がどうしようもなさそうな時に出して、ジュラルドンの補助を行います。
シルヴァディの大爆発などに巻き込まれずに済むように守るを採用しました。
嘘泣きは使うだけで相手の特殊耐久を半減させられるお手軽な凶悪技。
搭載しておくと色々な場面で活躍してくれるのでとても便利ですね。

 

f:id:einsxd:20200417012744p:plain

ニダンギル

持ち物:進化の輝石
性格:生意気
特性:ノーガード
種族値:59-110-150-45-49-35(合計448)
努力値:HP244 攻撃12 特防252
ステータス:165-132-170-x-111↑-36↓
技構成:影打ち/アイアンヘッド/聖なる剣/剣の舞
備考:素早さ個体値0

 

今回の構築のキーポケモンその1。
コンボを展開する上で必須となるノーガード枠です。
カイリキーにするかかなり悩みましたが、
進化の輝石も含めた圧倒的な耐久がダイマックス適性といえると考え、採用しました。
剣の舞は火力補強としてもダイウォールとしても使えるので便利ですね。

 

f:id:einsxd:20200417013523p:plain

デスバーン

持ち物:レッドカード
性格:生意気
特性:彷徨う魂
種族値:58-95-145-50-105-30(合計483)
努力値:HP252 防御52 特防204
ステータス:165-x-172-x-166↑-31↓
技構成:ボディプレス/スキルスワップ/トリックルーム/守る
備考:素早さ個体値0、攻撃個体値は低ければ低いほど良い(イカサマのダメージ軽減)

 

今回の構築における最重要ポケモン
レッドカードを使用して構築の展開を高速化させた都合上、
トリックルーム展開ターンに相手から攻撃を被弾するととても話が面倒なことになります。
ガラルでは特殊な戦術が組みにくいので、どうしても出番が増えてしまいますね。

 

 ・基本的な立ち回り

先発にデスバーンと自傷アタッカー(ジュラルドンかシルヴァディ)、
控えにマッギョニダンギルを選出しましょう。
自傷アタッカーがシルヴァディの場合は大爆発+トリックルーム
ジュラルドンの場合は相手の攻撃込みでジュラルドンが倒れそうなら徹底抗戦+トリックルーム
そうでなければ徹底抗戦+守る→徹底抗戦+トリックルームと行動します。
どうにかしてトリックルーム起動時に味方がいない+デスバーンが攻撃を被弾していない状況を作り出しましょう。

倒れたポケモンの代わりにはニダンギルを繰り出します。
ニダンギルは味方に影打ち、デスバーンは味方にスキルスワップを選択します。
こうなればニダンギルによる味方への影打ちにより、
彷徨う魂でデスバーンがノーガードを獲得→レッドカードによる強制交代が発生します。
強制交代で繰り出せるポケモンマッギョしかいないので、デスバーン+マッギョの並びが完成するはずです。
続いてデスバーンのスキルスワップにより、マッギョの特性はノーガードに変化します。

これでノーガードマッギョが完成するので、地割れで相手を倒しましょう。
デスバーンが倒れたらニダンギルマッギョで制圧します。
相手がダイマックスしたらあくびで眠らせてしまいましょう。

・使用感

シルヴァディの大爆発は感動的な破壊力なのですが、絶妙に足りない場面も少なからずありました。
陽気ではなく意地っ張りで運用するのもいいかもしれません。
また、デスバーンが被弾しないままトリックルーム展開という構築の前提条件もなかなか成立せず、
トリックルームは展開できたがレッドカード使用後、というパターンが目立ちました。
幸い、デスバーンにはそれなりの耐久があるのでレッドカードなしでもスキルスワップを2回使うことで、
ノーガードマッギョの生成は可能ですが、時間がかかりすぎる気がしました。
相手からの被弾が発生しない前提で戦うのはかなり難しいと言えそうです。

エルフーンと組んだダイマックスジュラルドンはノーガードマッギョを使うより強かったです。 

・まとめ

デスバーンの特性を活かした特性継承リレーに関してはまだまだ可能性を秘めていると感じました。
今回はレッドカードを採用したため不安定な結果に終わりましたが、もう少し考察の余地がありそうです。
遠からず脱出ボタンや脱出パックなどを併用した交代も戦術に組み込んでみたいですね。

また、徹底抗戦や大爆発などのデメリット付き高火力技をとりあえず撃つ、
というのは独特の爽快感があったように思えます。
今回の構築の場合退場することが目的というデメリット狙いの採用であったため、
たとえ相手に守られようと、なにも気にせず行動の成功だけを喜べるのは不思議な感覚でした。
ただ、ポケモンバトルで重要なのは相手を全員倒すことであり、
味方を減らすゲームではないので今後はその点も考慮した構築を組みたいと思います。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。